忍者ブログ

型月OTKの妊娠からの子育て日記

TYPE-MOON大好き女がガノタの旦那との間に授かった赤ちゃんでの妊娠から子育てでのヲタクな日々を悲喜こもごもに。

2018/01    12« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13時頃、不意に襲ってきた重~い生理痛のような腹痛と、極度の腰痛。
うががががいてえええええ。
となりつつ、すわ、これが陣痛の始まりだろうか!?
などと思うこと10分。
一旦、痛みが治まったので、もしこれが陣痛になるのなら入院の準備を全部整えておこうと
着替えや必要なものを旅行ボストンに詰めてみました。

と こ ろ が。

痛かったのはそれっきり。
その後はお手洗い的な腹痛が散発しただけで、後はいつも通り、なんとなく張ってお腹痛かったり
ちょいちょい腰が痛くなる程度。
物凄くちょっとずつお産に近づいてはいるのかなあ・・・
そんであの結構な痛さは前駆陣痛というやつだったのでしょうか。
というか、ちょいちょい痛いのも前駆陣痛のうちに入るのかな?
わからんなー

これも個々によって違うので、ネットで調べてみてもどうにもはっきりしないのです。
慌ててipodまで充電しちゃったよね・・・


先週の水曜で張り止めの薬が打ち切られてから、まーお腹張ります。
時々痛いですし、張るとお腹の左側だけがボッコリ膨らんですげえイビツな形いなります。
お風呂入ってるときなんて、さらにイビツになってたりします。
正直キモイ・・・
もうすぐ37週の正産期。
果たしていつ産まれるのやら・・・毎日毎日ドキドキするよう。

PR
前回の検診で指定されたのが今日だったので、朝の8時45分頃に頑張って産婦人科へ行ってきました。
眠いんですよ・・・最近いつも8時起きしてたので・・・
水曜日は午前中のみの診察なせいか、いつもよりかなり患者さん少なめ。
呼ばれるのも早かったです。

尿検査して、血圧検査して、あっという間に心音検査に呼ばれて。
2回目の心音検査ですが、その間に血液検査もされました。貧血検査みたいです。
その後エコー検査。
おりものに菌が混ざったりしてないか、お産が進んでないかの内診。
すげえ順調に事が進みました。
内診・・・中に器具じゃなくて手ぇ突っ込まれたので痛かったやぁ・・・
ちなみにお産はぜーんぜん進んでいないそうでしたw
相変わらずしっかりした子宮だこと!
(・・・というか院長先生だともっと深刻に捉えられてしまうのだよな・・・)

結果は、もう36週なので産まれちゃっても良いということ。
赤ちゃんの体重は推定ですが既に2700グラムを超えてるっぽいこと。
安静も解除。張り止めの薬は打ち切り。
しかし貧血・・・。数値が11なきゃいけないところ、9.8しかない・・・
後期検診で計ったときは10.5あったのにいぃぃ・・・orz
お産のときはどうしても出血するので、貧血なのはマズいんだそうです。
なので鉄剤と胃腸薬出されました。張り止めの薬が終ったら鉄剤かよぉ。
鉄剤って便秘になるんじゃなかったでしたっけ???
仕方ないですけど。


それにしてももう36週かー。やっとここまでたどり着いたって感じです。
お産は怖いけど、自分の身体の自由がきかない現在の状況もそろそろ脱したいジレンマです。

昨年12月に発症したあのひっどい便秘に再び陥るのを恐れて、ノンカフェインでお薬に頼らない
便秘解決方法を探していました。
そこで、初回限定でお安く購入できた「するっと抹茶」なるものをここ二日試してみたんです。
ttp://www.kaichou.com/
1日2杯飲むところを1日1杯で。

というのも、コレ、個人的にすっごく飲みづらいのです。
味は決して不味いわけじゃないのですが、なにせ青汁系のすんごい色。
そして多少のとろみ。緑色はすぐに沈殿してしまう為、始終かき混ぜてないと底に溜まってしまいます。
とろとろしてるせいか、お腹にも溜まりますので1杯飲みきるのもちとしんどい。
でも薬の代わりになればと思って飲みました。

昨日は決してそんな効果があったわけじゃないのですが、ゆっくり効果が出るものらしいので
しばらく飲んでいくつもりでいたんです。
しかし2日目になると頻繁にやってくるお腹の痛み。
妊娠のとは関係ない便意の方の痛さです。
「ああ、効いてるのかな?」
なんて余裕こいてたら、夕方からは激しい痛みに。
普段ならこの痛さは酷い下痢となりうるものなのですが、妊娠してるせいなのか水分が足りない
せいなのか、下痢ではなく本来なら理想的であろう感じの便が。
しかしお腹がすんごい痛い。
横になってないと居られないくらい痛い。
悶えました。


結局夜までトイレと居間を往復して、お風呂に入る頃ようやく治まりました。
出し切った・・・???
これはこれでしんどかったです。便秘よりはマシ・・・かなあ。
商品レビューを見ると効かなかったってのはありましたが、腹痛酷かった、っていうのは
なかったので、本当にこの商品のせいなのかは分かりません。
分かりませんけど・・・妊娠後期に入ってからというもの、こんなにお腹痛くなって
トイレに駆け込むことなかったので・・・。
いやーでもなーーーー。
商品自体には何も問題ないと思います。
問題なのは私の体質と、食べたものかと。


昨日の検査で発覚した不整脈事件。
産婦人科の先生に言われた「胎動がなくなったりしたらすぐ、いつでもいいから病院に来るように」
・・・といわれた言葉。
この2つからネットで調べてみたのですが、恐らく先生が最も心配しているのが

胎動がなくなる→死産

という最悪のケース。
ネットで調べると、ちらほらとそういうケースを書かれているママさんがいらっしゃるのです。
胎動がなくなった時点なら救命出来たかもしれないのに・・・という悔やみきれない後悔が沢山。
なので私も昨日の昼からずーっとお腹の中の胎動を追いかけています。
よく観察してみると、思っている以上に中は動いている事が判明。
とくに横になるとよく動くようです。
動くたびにホッして赤ちゃんを褒めています。
旦那氏には昨日このことを話したのですが、まあ返ってきた返事っつえば
「大丈夫だと思うしかない」
でした。
・・・まあ・・・そうなんだけどさあ・・・。
結局実際自分の身体にそれを入れて育てている私自身とは実感が天と地程の差があるんじゃ
ないかと思いました。
元々あまり悲観的に考える人ではなく、「どうにかなるっていうかするしかない」っていう思考の
人なので・・・。(その裏で悩んだりしてるのも私には透けて見えてはいるのですが)

まー次から次へとよく問題の起きる身体ですこと!
自分の身体ながらウンザリです。何がいけないのか。
年齢か、体質か。母親が妹を産んだ時、生死の境を彷徨った事がどうしても脳裏をよぎります。
これは父親にとって今でも相当なトラウマ。
母子共に健康で、五体満足であれば言う事無し。ごもっともです。



ほとんどの妊婦さんは、問題なく赤ちゃんを出産して可愛い赤ちゃんを抱けます。
ただ、その中で決して妊娠、出産が簡単じゃないお母さんも沢山居ます。私もそう。
せっかく妊娠しても流産してしまう人。
つわりが酷くて入院してしまう人。もしくは流産・早産しそうで入院してしまう人。
死産してしまった人。
そもそも妊娠できない人。
そこには特に理由が見当たらない場合も多くて、これがどんだけ悲しい事か。
知らない人も多いんじゃないかと思います。特に知らなくても良い事かもしれないから。

でも赤ちゃんを授かって、何事もなく出産できるって幸せな事なんだと思います。
宝くじに当たるよりずっとずっと良い事だと思います。

どうか神様が私に元気な赤ちゃんを産ませてくれますように。
・・・もう神様と運と赤ちゃんの生命力頼みしか今の私にはない!



本日35週目の検診でした。
待合室で待っている間からどうにもお腹が張って仕方なかったんですが、それは割りとよくあったこと。
しかし、いざエコー検査してみたらどうにも赤ちゃんの心音がおかしい。
先生も慎重にエコーを続けて「うーーーーん・・・」な感じ。
私でさえ「あれー?」って思える変な心音なんです。遅い?っていうかリズムがおかしいっていうか・・・
不整脈???
な感じなんです。

なもんで、本来なら来週から行うはずだった赤ちゃんの「心音検査」を今日やる事に。
心電図検査みたいなものでございます。
赤ちゃんの心音を拾えるお腹部分にでっかい聴診器みたいなものを貼り付け、同時に
私のお腹の張り具合を測る硬度計の役目を果たしているのだろうものも貼り付けます。
それを測っている機械が用紙に記録するわけです。
いざやってみれば、お腹が張れば当然のごとくブレる針。
うよんうよんと波を描きます。
すると、150前後で安定していた赤ちゃんの心拍数も170前後に上がったり、逆に50以下に
下がったりして、時に消えてしまうことも。
これは・・・一体・・・。
不安が募って益々私のお腹は張りを繰り返します。
30分くらいの検査のはずが40分記録してみることに。

実は私自身に先天性の不整脈があり、それが赤ちゃんにも遺伝したのではないかと
思っていました。
私に不整脈が見つかったのは、私が小学生の時。
親が呼び出され、市の大きな病院で24時間心電図する事になってしまったのです。
(それでその不整脈が病気ではなく先天性のものだろうと分かったわけですが)

先生としては赤ちゃん自身が不整脈ではないと思うとのこと。
ただ、もうこの状態が赤ちゃんにとって決して良い環境ではないらしく、
残り5日をもって今飲んでいる張り止めの薬の処方は終了させるようです。
つまりそれは、もう産まれてしまったほうがいいだろうという判断だということですよね・・・

35週なら産まれても大丈夫だと思いますけどって言われたけど、でも赤ちゃんの体重、
まだ推定で2300g強しかないのに・・・
せめてあと200g分成長させる時間が欲しいのです。

どうしてこう最後の最後までトラブルが見つかるのかなあ・・・
私、「妊娠維持力」みたいなものが弱いのかなあ・・・
重度のつわりに、早産リスク、便秘からの痔、そんでもって不整脈疑惑だってさ。
その上37~40週待たずして産んでしまったほうがいいだなんて・・・
落ち込む!落ち込みますとも!!



・・・いつ入院になってもいいように、準備してあるものさっさとカバンに詰めておかなきゃ・・・

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

プロフィール

HN:
夜の繭
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 型月OTKの妊娠からの子育て日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]