忍者ブログ

型月OTKの妊娠からの子育て日記

TYPE-MOON大好き女がガノタの旦那との間に授かった赤ちゃんでの妊娠から子育てでのヲタクな日々を悲喜こもごもに。

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ数日・・・
朝から晩まで延々と気持ち悪くて・・・立ってるのもツライ・・・
生きてるのがツライのに仕事が辛くないわけない、でしょうよ・・・。
会社に居るおばちゃん方は皆「妊娠→出産」なんて遠い昔に済ませてきた
人達ばっかり。
どんな感じだったのかと訊いても
「辛かったわー」
「私は動けなかったよ」
「忘れちゃったなー。産めば忘れちゃうのよ」
こればっか。実際実母さえ「もう覚えてないわーww」である。
・・・・・・。


おまけに最近吐きっぱなしになり、ついに耐えかねたのと旦那さんの勧めで
産婦人科へ。旦那さんにも付き添ってもらいました。
受付で「つわりが酷くて」と言ったら「じゃあ尿検査ですね」とあっさり。
私だけじゃないんだろうなぁ・・・
そんなわけでフラフラになりながら尿採取。
結果はケトンが出てるので入院した方がいいです、とのこと。
へ?
にゅ、入院・・・???ケトンってなんです????
そういえば、母が友達がつわりが酷くて出産まで入院して出てこなかったとか・・・
入院は困るんです、って言ったらとりあえず点滴しましょう。
ダメならまた明日来て入院して下さいって・・・。
あがが。
とりあえず水分とビタミン、吐き気止めを2時間コースで点滴。
ベッドで寝てる間腰が痛いのなんのって・・・。
点滴初めてだなぁー。針を腕に刺す事には大して恐怖を感じませんが。
右手首にそれなりに太いのをぶすっと。
そして間もなくもう1人私のようにつわりが酷いプレママさん登場。
横のベッドで同じく点滴。やっぱり酷い人私だけじゃないんだなあ。
点滴しに通された部屋は「陣痛室」だったのですが、点滴してる私達の隣で
今まさにその陣痛と戦闘中のお母さんが1人。
ひぃーひぃーっていうのが聞こえて行き詰る室内。ナンテコッタイ。

点滴は2時間を前に終了。迎えに来てくれた旦那と帰宅。
何も食べられなかったけど、この時ジャムを塗ったパンを少しだけ食べれました。
しかしそれっきり。
横になって動けなくなった私に旦那さんからの
「食べないと本当に入院だよ」
という一言。
心配してくれての言葉だって半分は分かりましたが、
「食べないんじゃなくて、食べられないのにどうしたらいいの?」
としか返せませんでした。



もう、死にたい気分だ。

ちなみにケトンって極端に血糖値が下がった体が不完全燃焼起こして
出てくる脂肪酸の燃えカス。別にこれ自体は母体にも胎児にも影響はないみたいよ。



PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

プロフィール

HN:
夜の繭
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 型月OTKの妊娠からの子育て日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]